スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満月と新月には、練習しないでね。

2008.09.17.06:00

アシュタンガヨガでは、ムーンデイ(新月と満月)は、通常のレッスンはお休みするのだそうです。

満月は、活発なエネルギーに満ちている時。
エネルギーが高く、けがなどの衝突が起きた際は治りにくいのだそうです。
よって練習、またはその他の活動の際も十分な注意を払うことが大切です。

新月は、地のエネルギーが強いため、よく休むのがベストです。


ちゃんと、そのことを教えてもらっていたのですが、
大して気に留めず、月曜日に家ヨガで練習していたあたしなのですが・・・
やってしまいました。

太陽礼拝AとB、スタンディングポーズ、そしてシッティングを少しだけ。
無理したくなかったので、最後に肩立ちのアサナをして終わろうと思っていたのに、そこで、首をぐきっと・・・。。

めっちゃ痛い~~!!

よく考えると、月曜日・・15日は満月!ではないですか。
いつもは、家で練習なんてしないのに、なぜかしてしまったのはエネルギーの高い満月だったからなのね。
そして、教えどおり、怪我してしまったのね。
身をもって体験してしまったわ。
これで、人に伝えるときには、経験談としてリアルに語ることができますね♪あははは・・・(涙)


少し調べてみました。

水の性質を持つすべてのものと同様、70%以上水分でできている人間は、月の満ち欠けの影響を受けるそうです。

地球は、月と太陽の引力の両方を感じます。
この二つの位置関係が及ぼすエネルギーの波は、呼吸の広がりと縮まりに似ています。
満月のエネルギーは、息を吸いきった時、生命エネルギーが最も満ちている状態で、
上へ引き上げられるような拡散のエネルギーであり、人間は活発にまた感情的になりやすい時です。
逆に地に足をつけるような落ち着きがあまりない時です。

新月のエネルギーは、息を吐ききった時、排泄を促すエネルギーが最も強い状態です。
収縮し、下へ引き下げる力なので、人間は落ち着きを増し、静かになりやすくなります。
このような新月のエネルギーは重く感じるので、人間を含む動植物は、あまり動きたくなくなります。


ふ~む・・文明が進んでも、人間だって動物や植物と同じ生命。
自分の体や意識が自然や宇宙と共にあるんだということを、もっと考えなければいけないな、とつくづく感じました。

首が治るのに多分1週間くらいかかるんやろな~。
その間は、壁に向かって逆立ちして首をぶら~んとしたり、ゆっくり無理なく太陽礼拝するといいと
OKAMOTO先生に教えてもらったので、ぼちぼち頑張ります。

首は痛いけど、また学びました。感謝☆
スポンサーサイト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

2008.09.17.20:10

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.09.17.22:13

首、やりましたか?
お大事なさいませ・・・。

2008.09.17.22:40

>nikoさん
やっちゃいました。。
大人しくして、なるべく早くなおしまーす!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。