スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大掃除するはずが・・

2006.07.03.08:01

昨日は、大掃除をするつもりだったけど、結局一部屋しか片付けられなかった~(>_<)


なぜかというと、読みかけの文庫「不信のとき」が途中で止められなくなって最後まで読んでしまったからです。
今度ドラマ化されるって言うので読んでみました。
時代はひと世代前の話やったけど、女の怖さと男の愚かさをひしひしと感じました。


読んだあとも、なんだかいつまでも怖さが残っている~別にホラーじゃ無いんだけどさ・・。
女って怖い~・・・いや、あたしも女なんだけどね。
でも、まあ一言で言うと、馬鹿なことした男が女に復習されるっていう自業自得のお話でした。


そうして、夕方から斉藤一人さんの「地球が天国になる話」という本についてたCDを聞いた。
人は劣等感で不幸になっている・・というお話。
この本は、素晴らしい☆☆


独裁者タイプ・・いつも、人を怒鳴ったりして攻撃して、人からエネルギーをとる人。
被害者タイプ・・自分の不幸を人に話して同情してもらって、人からエネルギーをすいとる人。

こういう人は、劣等感を持っていて、「恐れ」ている人。


劣等感は、恐れの連鎖から生まれる。
完ぺき主義をやめなさい。
完璧な人なんていないんだから、それを自分にも人にも求めてはいけません。
自分を尊重すること。
自分を愛すること。


で、お掃除始めたのが、遅くなってしまったので、一部屋で終わってしまったのでした。

スポンサーサイト

comment

Secret

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。